1. TOP
  2. 4000円台
  3. イタリア
  4. ヴェネト
  5. イル・ロッコロ・ディ・モンティチェッリ
  6. ...ディラード 2021 / イル・ロッコロ・ディ・モンティチェッリ
商品情報にスキップ
1 2

...ディラード 2021 / イル・ロッコロ・ディ・モンティチェッリ

野村ユニソン

... Di Rado 2019 / Il Roccoro di Monticelli


イタリア最大、世界的にも最大級のワイン展示会として知られるヴィニタリー (Vinitaly) の開催地である州都ヴェローナ。そこから東に16kmに位置する人口8,500人ばかりの小さな町、ラヴァーニョ。この町の古い畑でブドウを栽培、ワイン造りをしているのがシルヴィアテッツァ、“イル ロッコロ ・ディ・モンティチェッリ”の若きオーナーです。 もともと自然や植物が好きだったシルヴィアは、自然との触れ合いや地域の特性や生物多様性を守りながら人間の活動を融合していく仕事として農業を学びたい、と考えていました。その想いを胸にパドヴァ大学で農学を専攻しましたが、学んでいくうちに自己矛盾を感じ始めます。なぜならば大学で教わることは集約的で資源を浪費する現代農 業である反面、彼女が求めていたのは、環境を破壊することなく豊かにし、調和させる健全な農業だったからです。幸いなことに、彼女の叔父であるマウリツィオ (レストラン経営者)のおかげで、自分が思い描いていた農業が可能であること、そういう働き方をする人々がいることを知ります。「もし自分が畑を持つことができたら、彼らのように生物多様性、地域の特色の強化、多様化に取り組ん でみたい」と考え始めました。その第一歩となったのが、シルヴィアが学生だった20歳の時、マウリッツィオと一緒にワインを造り始めた事でした。しかしこの時点では自宅で消費のワイン造りというレベルでしたが、2015年の秋に大学の修士課程修了と同時にイル・ロッコロ・ディ・モンティチェッリを立ち上げます。そして、2017年末ようやくワインをリリースし、デビューを飾りました。

ワイナリー名のロッコロとは野鳥を捕獲するために使われていた狩猟用の塔のこと。畑の所在地であるモンティチェッリ地区にたたずむロッコロは若いワイナリーのお目付役とも見えるしランドマーク的な存在とも言えます。イル・ロッコロの畑は現在約3.5ha。ヴェローナとソアー ヴェの間の石灰岩の丘陵地帯に位置しており、1960年代から続くブドウ畑で ガルガーネガ、トレビアーノ ディ ソアーヴェやコルヴィーナといったこの地域の土着品種を栽培しています。シルヴィアにとって幸いだったのは、この土地を家族 が所有していたことと、計画のあった土地開発が頓挫したこと。そのおかげで古いブドウの木は今も元気に実をつけてくれています。


稀にしか醸造しない(できない)ことからイタリア語の“レア”を意味する言葉である、“di Rado(ディ・ラード)”と命名。海抜180m、約1.5haに位置する石灰質 土壌の区画で、平均樹齢60年。毎年造るキュヴェではなく、葡萄の品質や収穫時の天候など、葡萄の実が長く留まるのに適した年のみ生産されるキュヴェ。モンティチェッリ ビアンコの収穫後、葡萄を選んで2〜3週間収穫せ ず更に追熟させる。その後、除梗しフリーランジュースのみ使用して醸造。ステンレスタンクで 自然発酵。約6ヶ月のマセラシオンと熟成、澱引き後3ヶ月のデカンテーション行い、無濾過で瓶詰め。2年間の瓶内熟成を経てリリース。モンティチェッリ ビアンコのリゼルヴァと言える位置づけのキュヴェ。毎年醸造できるものではありませんが、まさにイル ロッコロの個性やテロワールを最大限に表現できるワイン。

濁りのある黄色み掛かった外観。抜栓直後から凝縮した濃厚な香り。黄色い花系の香水の様なフラワリーな香り。最も深みと奥行きがあり、甘草、フレッシュハーブ、黄桃やアプリコットなどの熟した果実まで常に変化し続ける集中した香り。味わいは、熟した黄色い果実の濃厚な果実味を感じつつもあくまでフィニッシュはドライで、甘ったるさやベタベタした質感は全くない潔さをもったワイン。マセラシオンしたワインの良い所がちゃんと表現されたワインで、時間と共に変化し続ける為、大振りのグラスで時間を掛けて飲む事をお勧めします。

(インポーター資料より)

通常価格 ¥4,620 (税込)
通常価格 セール価格 ¥4,620
ヴィンテージ
2021
生産地域
イタリア / ヴェネト
生産者
イル・ロッコロ・ディ・モンティチェッリ
タイプ
品種
ガルガーネガ、トレッビアーノ
容量
750ml
在庫数
0
詳細を表示する