1. TOP
  2. 4000円台
  3. フランス
  4. アルザス
  5. ファミーユ・エバンジュ
  6. オ・デスゥ・デ・ニュアージュ 2022 / ファミーユ・エバンジェ
商品情報にスキップ
1 2

オ・デスゥ・デ・ニュアージュ 2022 / ファミーユ・エバンジェ

CROSS ROAD

Au dessus des Nuages 2022 / Famille Hebinger


ファミーユ・エバンジェはアルザスの中心にあるエギスハイム村に拠点をおく。葡萄栽培だけでなく、家畜や多くの野菜を育て生計をたてていたが、現当主のドゥニの大祖父のLéonと祖父である、Jean-Victorにより1946年にワイン造りに特化したドメーヌを設立した。1984年にドゥニの父であるChristianが隣村の葡萄栽培農家の娘と結婚し、Sommerberg、Hengst、Pfersigberg、Eichberg の4つのグランクリュを含む13.5haまで畑が増えた。ブルゴーニュでの修業を終えたドゥニが2015年にドメーヌに戻り、2018年より本格的に自身のワインをリリースしはじめた。ドゥニが所有する畑のほとんどは粘土と石灰質からなり、得にピノ・ノワールの評価が毎年のようにあがっている。ブルーノ・シュレールのシャンデオワゾと同じ畑を所有し、その他に新たにグランクリュ・ピノノ ワールを表記する事が可能になったHengstなどピノ・ノワールに特化した区画を多く所有している。近年は基本的には亜流酸は無添加、必要な時のみ最低限の使用。フィルターの使用をやめるなどナチュラルなワイン造りを実践している。ドゥニは言葉数はすくないなが、徹底した貴重面な仕事ぶりから品質とテロワールへの情熱を強く感じる。そんな彼から生み出されるワインはエレガントでガストロノミック、グランヴァンを志すエスプリが溢れている。


どうしても残糖が残ってしまいやすい3品種を醸し発酵をさせる事により、野性酵母の数を多く獲得し、辛口に仕上げる事を目的としたワイン、粘土質の土壌からうまれる葡萄を使用することにより、水分ストレス の強い土壌に比べると長い醸し期間であっても苦みを抑える事ができる。Au dessus des Nuages は「雲の遥か上」という意味である。
樹齢:10年のピノグリ、30年のゲヴェルツトラミネールとリースリング
土壌(質):粘土石灰質土壌
収穫方法と収穫日:手摘み
収穫量:30hl/ha
マセラシオン:3品種同時に3週間の醸し
発酵方法:野性酵母 プレスの仕方:プヌマテックプレス 熟成方法と期間:フードルで6ヵ月 SO2量

(インポーター資料より)

通常価格 ¥4,400 (税込)
通常価格 セール価格 ¥4,400
ヴィンテージ
2022
生産地域
フランス / アルザス
生産者
ファミーユ・エバンジュ
タイプ
オレンジ
品種
ゲヴェルツトラミネール、リースリング主体 、ピノグリ
容量
750ml
在庫数
0
詳細を表示する